京 染・呉 服  か き う ち

   友   禅   染

     
 

 

 

 

 法律上の表記

 

周防大島久賀町商工会    青年部公式HP  

  友禅染めは、今から三百年以上前、江戸時代の

  元禄年間(1688〜1703)の扇絵師 宮崎友禅斎

 研鑚を重ね開発した糊置防染法の染めといわれ

 ています。

 その手順は、最初に青花(露草の花の汁)で文様を

 線描きし、その上に糸目糊を置き防染した文様の内

 側に色を差していくという凝った染めの技法です。

 その当時、扇絵師であった宮崎友禅斎の描く扇絵は

 たいへんな人気を呼び、呉服屋の依頼で小袖の図

 案を描いたのが京友禅染の始まりといわれていま

 す。その意匠の華麗さは、一世を風靡し、雛型本が

 創られました。

 友禅文様のモチーフは、四季の草花や古い物語な

 どから取り上げられることが多く、色彩や構図など、

 どれを取り上げてみても一幅の絵巻のような優雅で

 上品な彩りといえるでしょう。

 

手 描 友 禅